Oreworld trade (Tangshan) co., Ltd

耐火レンガ

製品の詳細:

耐火レンガの概念

窯炉のライニングによく使用され、例えばゴミ焼却炉、炭焼き窯、陶芸窯などです。耐火煉瓦は溶融点が高くて、熱に強いです。粘土質れんが、高アルミナ質耐火れんが、珪石れんが、耐アルカリ性れんがなどの種類があります。

耐火煉瓦は耐高温のために作られた製品です。低熱伝導率性があって省エネルギーになります。緻密的な煉瓦は一般的に溶鉱炉、熱風炉、電気炉などの各種窯炉に広く使用されます。

ガス窯炉の場合、多孔質煉瓦は多く使われます。多孔質煉瓦は強度がより弱いが、重量が軽くて、工事しやすいです。良い耐火煉瓦は温度が激しく変化しても耐熱衝撃性、圧縮強さに優れています。多孔質煉瓦は低熱伝導率性でありますが、溶融点は緻密煉瓦より低いです。溶融点は1,600°F to 2,800°F (870°C-1,540°C)で、密度は1.3g/cm3以下で、軽質煉瓦でもあります。

耐火レンガの原材料

耐火煉瓦の原材料は各種高温で焼成された鉱産物です。耐火煉瓦の価格の変化は原材料及び運送料の変化によります。特に製品の注文量によって運送料が大きく変化します。

耐火レンガの技術指標

各種グレードの耐火煉瓦は指標によって違います。耐火煉瓦の主な指標は耐火度、荷重軟化点、気孔率、圧縮強さ、残存膨張収縮率、体積密度、耐熱衝撃性です。

耐火レンガの応用

耐火煉瓦は最も多く使われるのは鉄鋼所です。生産設備の熱風炉、高炉、焙焼炉などです他にはセメント窯炉、ガラス炉、冶金炉、セラミックス窯炉、製紙設備などです。特殊用途はロケット、飛行機、発電所などです。

弊社は各業界に品質の良い製品とサービス、技術支援をご提供致しております、お気軽にお問い合わせください。

TOP